堺の我が家はトイレリフォームで水漏れから解放されてストレスフリー

サイトマップ

Toilet renovation

中古マンションのトイレリフォーム

中古マンションを購入し自分好みにリノベーションしました。和室をフローリングに、キッチン・風呂・トイレは外注業者頼んで築30年の中古マンションが築10年くらいに若返りました!
キッチンはシンク・コンロ等、下の部分だけの新品交換で、レンジフードは備え付けが古すぎて取り換えられず、ホームセンターで防火仕様のカッティングシートを購入して自分で貼りました。上から貼っただけですがパッと見すごくキレイになって、新しい白いシンクと色も合わせ部屋全体の統一感が出ました。
風呂はユニットバスまるごと交換で完全なる新品状態に。
問題はトイレです。リフォーム館など数軒偵察し、抗菌防汚コート・トルネード洗浄・フチなし形状の便器をメーカー・型番指定して入れ替えてもらいました。自分でこれがいいと決めて選んだ便器ですが、実はこの築30年のマンションはトイレの入口ドアから奥の壁までの奥行きが結構狭かったんです。奥行きや設置可能サイズにまでは素人の私には考えが及びませんでした。
昔は便器のサイズが今より小さく、戸建てに比べマンションはコンパクトサイズの便器を設置するのが主流だったそうで、現代の最新の便器を設置したら座ったときヒザと入口扉までの間隔が8cmまで迫り、トイレが狭くなってしまいました。タンクレスを選べばあと5cm広く出来たのですが値段が高くて断念。古い物件は奥行きを確認してから便器交換することをお奨めいたします。

トイレリフォームで掃除を簡単にできる作りに

我が家のトイレは床に水を流して掃除をする典型的な古いトイレでした。しかし、壁に窓がないため、掃除をする際に水を流しても蒸発するのが遅く、逆に臭いが気になっていましたり衣類の生乾きのような状況でいつも不快な気持ちになっていたので、思いきってトイレリフォームをすることにしました。まずは、壁に小窓を付けました。臭いの解消のためにもいつも開け放たれるように人が通れない大きさの小窓を横長につけて、開けっ放しでも見えないように上の方に取り付けました。トイレの便座も新しく変え…

Copyright © 2016 堺の我が家はトイレリフォームで水漏れから解放されてストレスフリー All Rights Reserved.